在宅ワーク通信講座 - ネットでお小遣い稼ぎ★お金を稼ぐ方法

さし絵ライターになるには

さし絵ライターになるには

さし絵(挿絵)とは文章の合間に挿入される、カット画(イラスト)のことです。小説や絵本、専門書など、さし絵は様々な場面で見かけます。

そしてこのさし絵を作成する人を、さし絵ライターと言います。

さし絵ライターは、副業や在宅ワークとしても人気が高いです。

近年は紙媒体だけでなく、HPやブログを飾るワンポイントのイラストなど、さし絵ライターのニーズは高まっています。


 さし絵ライターのお仕事


さし絵ライターは出版社から依頼を受けて、文章中に使用するワンポイントのイラストを作成することが、主な仕事となっています。

プロのイラストレーターになるには本格的な勉強をしないと難しいですが、さし絵ライターは誰でも目指せるのが大きな魅力です。

実際、美術系の学校を卒業した人だけでなく、通信講座や独学で勉強した人も大勢さし絵ライターとして活躍しています。

自宅で一人で取り組めるので、副業や在宅ワークとしても人気です。絵が好きな人は趣味や特技を活かして収入を得ることができます。

近年はインターネット上のHPを飾るイラストの需要も多いことから、フリーランスで活動するさし絵ライターが注目を集めています。

ネットが普及したことで、さし絵ライターの活躍場も広がっています。


 さし絵ライターの収入


10センチ四方のカット1点で、5,000円が相場となっています。

画力やセンス、スキルの要する仕事ということで、在宅ワークの中では比較的高収入が稼げます。また自分の趣味や特技、才能を活かせるとあって、楽しく仕事をしているさし絵ライターの方は大勢いらっしゃいます。

お金だけではない魅力が、さし絵ライターの仕事にはあります。

まとまった仕事を受けたり、複数の会社から仕事を請け負ったり、人気や評価を得られると、かなりの高収入に繋がる可能性も秘めています。

さし絵ライターは実力や実績が重視される世界です。最初は報酬の安い仕事でもどんどん引き受けて、実績を積んでいきましょう。

プロの仕事を積み重ねることで実力も身につき、収入も増えていきます。


 さし絵ライターになるには


さし絵ライターになる方法

さし絵ライターになるのに資格や学歴は不要です。さし絵ライターになりたいと思えば、誰でもなることが可能です。

ただプロとして活動するには、やはり専門的な技能や知識が不可欠です。まずはプロになるための学習を行いましょう。

さし絵ライターになるために高額な費用を払って専門学校に通う必要はありません。通信講座程度で十分に対応できます。

通信講座で学習する場合は、カリキュラムのきちんとしたところを選びましょう。就業サポートがあればなおいいですね。


 さし絵ライターの仕事を探す


既にさし絵ライターの技能を持っている人は、ネットで仕事を探してみましょう。イラスト系の仕事はニーズが高いので、求人は多いはずです。

さし絵ライターの求人を探すには、クラウドソーシングを利用するのもいいでしょう。これは企業と求職者を結ぶマッチング・サービスです。

近年はクラウドソーシング系の在宅ワーク求人サイトもあるので、そちらでさし絵ライタの仕事を探してみてください。

報酬の高い仕事はベテランの人と競合しやすく、仕事が得にくいです。初心者の間は報酬の安い仕事でもどんどん引き受けてください。

最初はお金を稼ぐことより実績を積むことを心がけてください。実績を積むことで収入は徐々に増えていきます。

ココナラハンドメイドに作家登録する



 さし絵ライターの通信講座


さし絵ライターになりたいけど、プロとして活動する自信がない、プロの勉強がしたいという人は、通信講座でスキルアップを目指しましょう。

例えばがくぶんの「さし絵ライター養成講座」では、描画の基礎からプロの表現力まで幅広く学べます。また在宅ワークで活動するための知識やノウハウや、就業サポートを受けることもできます。

独学で学ぶよりも効率的にプロの技術を習得できます。

テレビでも紹介される有名な講座ですし、必要な材料・用具も付いてきます。そのため初心者からさし絵ライターを目指せます。

さし絵ライターに興味のある方は、下記ページをご参照ください。

さし絵ライター通信講座の詳細はこちら

テープ起こしの通信講座

テープ起こしの通信講座

テープ起こしは介護や講演会、取材などの録音テープを文章にする仕事です。在宅ワークの定番で、女性に人気の高い副業・内職です。

出版業界や一般企業を中心に、様々な場面でテープ起こしの需要はあります。テープ起こしの技能を学ぶ通信講座や通信教育も人気です。

テープ起こしはテープライターとも呼ばれます。

ここではテープ起こしの仕事や通信講座について紹介します。


 テープ起こしの仕事内容


テープ起こしの仕事は「素起こし」と「リライト」に分類できます。

・素起こし:テープに記録された音声を、そのまま文字にする
・リライト:文章の修正や書き直しをして、文字数を調整する

テープ起こしの仕事は「素起こし」よりも、文字数に合わせて文章を調節したり、話し言葉を書き言葉に変換する「リライト」の方が一般的です。

そのためテープ起こしの仕事をするには、リライトの技術を身につけておいた方が有利です。リライトの方が報酬も高いです。

またテープ起こしの仕事は実績が重要です。そのため初心者のうちは料金が安くても、積極的に仕事を請けるようにしてください。

実績を積むことで、報酬は上がっていきます。


 テープ起こしに必要な環境


テープ起こしの仕事には、以下の環境が必要です。

1、パソコン
2、インターネット環境
3、メール
4、圧縮解凍ソフト
5、ウイルス対策ソフト
6、音声ソフト(Windows Media Playerなど)
7、テープを再生できる機材 など

今のパソコンは購入時に1〜6は既に搭載されているものも多いです。そのため初期費用を抑えて仕事を開始できますね。


 テープ起こしに適した人


・正確で分かりやすい文章を書ける
・豊富な知識と語彙力がある
・耳が良い
・人の声を聞き分けるのが得意
・新しい話題や情報に詳しい
・集中力や根気がある

テープ起こしの仕事では知識や単語力が要求されます。また知らない言葉もきちんと調べられるリサーチ能力も必要です。

また話し言葉を書き言葉に置き換えていくテクニックも、テープ起こしの仕事をする上では欠かせない能力になります。


 通信講座で勉強する


テープ起こしの仕事は簡単そうで奥が深いです。テープ起こしの内職を始めるためには、プロの知識やスキルを習得する必要があります。

最近は通信講座で手軽にプロの技術を学ぶことができます。通信講座なら自宅でマイペースに学習できるので、忙しい方も着実に学習できます。

また大手の通信講座になると就業支援も行っています。プロとして活動するためのサポートもあるので、仕事をする上でも役立ちます。


 テープ起こしの通信講座


◆ヒューマンアカデミーのテープ起こし講座

・150種類もの通信講座を擁するヒューマンのテープ起こし講座
・テープ起こしの基本からプロの技術までを自宅で学習できる
・講座修了で『テープ起こし技術者資格認定証書』がもらえる
・充実した学習サポートの他、テープ起こしの就業支援も実施
「ISO29990」の認定を取得し、国際規格にクリアしている






◆がくぶんのテープライター通信講座

・90年の歴史を持つがくぶんのテープ起こし通信講座
・初心者でも自宅でプロのテープ起こしの技術が学べる
・豊富なテキストと的確なアドバイスで効率的に学習
受講生がテレビで紹介されるなど、注目の通信講座
・通信講座修了後は技能登録、就職サポートも実施


覆面調査士(ミステリーショッパー)になるには

覆面調査士(ミステリーショッパー)になるには

覆面調査士とは店員の接客態度やサービスの質を調査する職業です。

マーケティングの分野では「ミステリーショッパー」と呼ばれ、フランチャイズ店が本社の指示通りに営業を行っているか、接客態度に問題はないか、広告物をきちんと提示しているか、といった事柄を調査します。

企業が本社の社員を動員して調査することもありますが、それだけでは限界があるため外部から客観的に評価してくれる調査員を雇います。

これは覆面調査士と呼ばれる人達です。

ここでは覆面調査士の資格と、覆面調査士になる方法を紹介します。


 覆面調査士とは?


覆面調査という言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。

覆面調査とはお客を装ってお店に行き、そのお店の営業実態を調査することです。通常は企業からの依頼を受けて調査し、謝礼が出ます。

女性や主婦の副業やお小遣い稼ぎとして人気が高く、覆面調査で収入を得ている人も多いです。もちろん男性の方も参加することが可能です。

そしてこの覆面調査の専門資格として、覆面調査士があります。

覆面調査士は一般社団法人覆面調査士認定機構が主催する資格で、覆面調査業務の知識と技能を習得した人に付与されます。

覆面調査に興味のある人は、覆面調査士の資格を目指してみてください。


 覆面調査士になるには


1、覆面調査士養成講座を受講

2、課題に合格し、講座を修了

3、覆面調査士の資格が付与

覆面調査士になるには、まず専門の養成講座を受講します。

覆面調査士認定機構が主催している講座を受講する以外に、同機構が認定する通信講座を受講する方法があります。

通信講座なら自宅でマイペースに学習し、在宅で最終課題を行えるので、家にいながら覆面調査士の資格を取得することができます。

非常に便利なので、通信講座で資格を取る人が多いようです。


 覆面調査士の資格


覆面調査士は一般社団法人覆面調査士認定機構が認定する専門資格です。

覆面調査士認定機構とは各業界の状況を客観的に評価できる人生を育成し、企業の危機管理やコンプライアンスの取り組みを徹底させることを目的に設立された団体です。

そしてそれを通して社会貢献することも視野に入れています。

覆面調査士の資格を取得することは、覆面調査士として収入を得るだけでなく、企業の営業活動に助言を与えて社会貢献を行うことができます。

では覆面調査士の資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか?

覆面調査士の資格を取得するには、覆面調査士認定機構が認定する講座を受講し、課題に合格して講座を修了する必要があります。

現在のところ、資格試験のような制度はありません。専門の講座を受講し、最後に覆面調査士問題集の課題に合格すれば資格が付与されます。

覆面調査士の資格は在宅で取得することが可能です。

そのため現在のところ、難易度はさほど高くありません。


 覆面調査士の通信講座


覆面調査士の講座は覆面調査士認定機構が自身で行うものもありますが、認定された通信講座を受講することで資格を取得することもできます。

例えばヒューマンアカデミーの『覆面調査士養成講座』です。

こちらの通信講座は覆面調査士認定機構に認定された講座なので、この講座を受講すれば覆面調査士の資格を取得することができます。

受講期間は3〜6ヶ月で、受講料は2万円程度です。

覆面調査の基礎知識から覆面調査士の役割、覆面調査の流れ、コンプライアンス調査、覆面調査の事例研究などを幅広く学習します。

覆面調査士養成講座の詳細はヒューマンアカデミーのHPでご確認ください。講座は「ビジネス資格」のカテゴリーにあります。





◆覆面モニター募集サイト

ミステリーショッパー(覆面調査員)モニター募集中!

美容室・グルメ・ネイル等の店舗満載!覆面調査で≪現金≫GET♪

食べた感想を書いてポイントゲット!超おトクな情報満載!

かけはぎのやり方を通信講座で学ぶ

かけはぎのやり方を通信講座で学ぶ

自宅で仕事をする内職の中で、かけはぎが密かに人気を集めています。

かけはぎとは衣服の損傷を修復するお仕事。引っかけて破いてしまったり、虫食いで穴ができた衣服を修理するのが、かけはぎの内職です。

かけはぎの求人は意外に多く、専門職なので時給がいいのも魅力です。

ここではかけはぎの仕事や通信講座について紹介します。


 かけはぎの求人は豊富


近年はいい服を長く着たいという人が増え、かけはぎの求人は増加しています。そのためかけはぎの職人が全般的に不足している状況です。

現在ではかけはぎのやり方どころか、「かけはぎ」という言葉を知らない人も多いです。これも人手不足の原因になっています。

そのため技術さえ持っていれば、仕事を得やすい環境にあります。

かけはぎの仕事は自宅で一人でできるので、内職や在宅ワークに適しています。手先が器用な女性向きのお仕事ですね。


 かけはぎは時給がいい


かけはぎの報酬は、手作業内職の中では高単価と言われています。5ミリ程度の小さな穴を修復するだけで、3,000円〜5,000円の報酬です。

かけはぎの内職は専門スキルを必要とする技術職なので、他の内職や在宅ワークと比べると報酬が高く設定されているのです。

在宅ワークや内職は全般的に安価な仕事が多いのですが、その中でもかけはぎは高収入が狙える魅力的な職業と言えます。


 独立・開業も可能


かけはぎの職人として、人に雇われるだけでなく、独立・開業も可能です。自宅で一人でできる仕事なので、初期投資もかかりません。

ニーズに対して職人の数が不足しているので、仕事は豊富です。クリーニング店やリサイクルショップ、ブティックなど、活躍の場も多いです。

パソコンが苦手な方や手作業内職をしたい方に、おすすめのお仕事です。

自宅で仕事をしたい人、事情があって外で働けない人は、かけはぎのやり方を習得し、かけはぎ職人として収入を得てはいかがでしょうか。


 かけはぎ通信講座で学ぶ


がくぶんのかけはぎ通信講座

かけはぎの技術を身につけたい、かけはぎの内職をしたいと思っているけど、どこで勉強すればいいのか分からない・・・

という方もいらっしゃるかもしれません。

人手不足な割に、かけはぎが学べる専門講座はあまり多くありません。

その中で人気なのが、がくぶんの『かけはぎ技術講習講座』です。

がくぶんは通信教育90年の実績を持ち、現在も人気の通信講座をたくさん運営している教育機関です。

特にかけはぎ技術講習講座は『全国クリーニング生活衛生同業組合連合会』推薦となっており、通信講座修了後には「技術認定証」が発行されます。これはかけはぎの仕事をする際の武器となります。

テレビでも取り上げられた有名講座なので、ご存知の方も多いかもしれません。かけはぎの技術が学べる講座でとしては、高い人気を誇ります。

単にかけはぎの知識や技術が学べるだけでなく、就業のノウハウも習得できるので、スムーズに仕事を開始できます。

通信講座の詳しい内容は、無料の資料請求でご確認ください。

★在宅ワーク技能を習得しよう! >>> 通信教育90年のがくぶん


クリスタルデコレーションの資格と通信講座

クリスタルデコレーションはスマホケースはじめ身の回りのものをキラキラに可愛くカッコよく輝かせるテクニックです。

クリスタルデコを行う技術者をクリスタルデコアーティストと言います。

クリスタルデコレーションは特に若い女性の間で人気が高く、趣味のみならずアーティストとして収入を得ている人もいます。

ここではクリスタルデコレーションの資格と通信講座を紹介します。


 クリスタルデコアーティストになるには


クリスタルデコレーションアーティストになるのに、特に資格は必要ありません。その気になれば今日からでもプロとして活動できます。

クリスタルデコアーティストは一人で作業ができるので、女性の副業や在宅ワークにも最適です。趣味を仕事にできるという利点もあります。

しかしクリスタルデコアーティストの仕事をするには、知識と技術が必要です。プロを目指すなら、やはり専門の勉強をした方がいいでしょう。

ただ専門学校に通うとなると高い学費と時間が求められます。

そこで通信講座で学習するという方法もあります。大手の通信講座なら質の高い授業とサポートを受けられ、同時に資格も取得できます。


 クリスタルデコアーティストの収入


クリスタルデコレーションの技術と能力によって、収入は変わります。

一般的な目安としては、月収15万円〜30万円です。ただどこに就職するかによっても、収入は変わってきます。

就職先には次のところがあります。

・デコ関係のお店
・クリスタル関係のお店
・アクセサリーショップ
・ネイルサロン
・ブライダル関連企業
・アパレル関連企業
・デパートや雑貨店
・美容系専門学校の講師


 在宅ワークで収入を得る


クリスタルデコレーションの技術があれば、就職をせずに自宅で在宅ワークをしてお金を稼ぐことも可能です。在宅ワークの方法としては、

1、自宅でクリスタルデコレーション教室を開く
2、ネットショップを経営して自分の作品を販売
3、ネット上の販売サイト等を利用して作品を販売

インターネットを活用することで、活躍の場を広げることができます。自分でブログを開設してアピールしてみるのもいいですね。

アイデア一つで収入を得る道はいくらでも広がっていくので、自分の作品をどうアピールするかも考えていくといいでしょう。


 クリスタルデコレーションの資格


クリスタルデコレーションには現在のところ国家資格はありません。各民間団体が作った民間資格があるだけです。

その中でも有名なのが、PEARSON社のクリスタルデコレーション資格です。これは世界100ヶ国以上に展開する世界標準資格です。

PEARSON社のクリスタルデコ資格には、以下のものがあります。

・クリスタルデコレーション2級
・クリスタルデコレーション 準1級
・クリスタルデコレーション 1級

まずはクリスタルデコレーション2級資格を目指しましょう。


 ヒューマンアカデミーの通信講座


クリスタルデコレーションの勉強や資格の取得を行うなら、ヒューマンアカデミーの『クリスタルデコレーション講座』が人気です。

これは世界100ヶ国以上に展開する国際的機関「PEARSON社」の認定講座なので、講座修了後にクリスタルデコレーション資格が取得できます。

この資格は世界標準資格なので、価値があります。

講座の詳細は無料の資料請求などでご確認いただけます。クリスタルデコレーション通信講座に関しては、下記ヒューマンのHPをご覧ください。

【ヒューマンの通信講座*『たのまな』】
講座の相談や学習フォロー、就職・転職のアドバイスまで徹底サポート!