ポイントサイトで稼げる人と稼げない人の違いとは?

ポイントサイトで稼げる人と稼げない人の違いとは?

ポイントサイトは無料で誰でも手軽にできるお小遣いサイトとして人気です。お小遣い稼ぎには最適ですが、大金を稼ぐには不向きです。

そのため「ポイントサイトは稼げない」とよく言われます。

しかしそのポイントサイトで毎月30万円以上稼ぐ人もいます。

ポイントサイトで稼げる人と稼げない人の違いは何なのでしょうか?


 稼げない人の特徴


ポイントサイトで稼げない人の特徴は、メール受信やクリック、無料ゲームしかやらない人達です。これでは大した額は稼げません。

無料ゲームなどは空き時間にちょくちょくやるものであって、それで大金を稼ごうと考えること自体が無茶なのです。

ポイントサイトで稼ぐには、もっと他の使い方をする必要があります。ポイントサイトで稼いでいる人は、それを行っている人です。

そこでまずポイントサイトで稼げる仕組みを考えてみましょう。


 ポイントサイトで稼げる仕組みを考える


ポイントサイトは慈善団体ではありません。企業である以上、利潤を追求します。だから何もしない会員にお金を稼がせてはくれません。

ポイントサイトを見るとサイト内にたくさんの広告(商品やサービスの紹介)が掲載されているように、広告によって経営が成り立っています。

サイトの会員が広告(サービス)を利用することで、ポイントサイトは広告主からお金を受け取り、利益を上げているのです。つまり・・・

広告主がポイントサイトに広告費を支払う
       ↓
ポイントサイトは広告を利用した会員に利益の一部を支払う
       ↓
ポイントサイトの会員はお金を受け取る

という仕組みになっているわけです。


 ポイントサイトで稼ぐには?


ではポイントサイトで稼ぐには、何をすればいいのでしょう?

答えは簡単です。「ポイントサイトに稼いでもらう」ことです。

ポイントサイトがあなたにお金を払うには、ポイントサイトが儲かる必要があります。ポイントサイトが儲からないと、あなたにお金は払えません。これは企業と労働者の関係と全く同じです。

言い換えれば、あなたがポイントサイトでお金を稼ぐには、ポイントサイトを儲けさせる必要があるのです。

会社でたくさんの給料をもらうのは、どんな人ですか?
プロ野球チームでたくさんの年棒をもらっているのは?


答えは、会社や球団に貢献している人(利益を提供している人)です。

ポイントサイトと会員の関係も同じです。

ポイントサイトはたくさん貢献してくれた会員にはたくさんのお金を支払いますが、あまり貢献しない人には僅かなお金しか支払いません。

ポイントサイトに何の貢献もしていないのに、「金だけよこせ」と言うのは変ですよね。稼ぎたければポイントサイトに貢献する必要があります。


 つまり具体的に何をすればいいのか?


要はポイントサイトを儲けさせれば、あなたも稼げるわけです。

上記で述べた通り、ポイントサイトは広告料で経営が成り立っています。だから広告を利用すればポイントサイトは儲かり、あなたも儲かります。

特に高額ポイントの案件は、ポイントサイトに大きな利益をもたらしますし、必然的にあなたも大きく稼げるというわけです。

高額ポイントの案件とは・・・

・クレジットカードの無料発行
・FXの口座開設
・転職サイトの登録
・保険の無料相談 など


1つの案件に1万円近く稼げるものも少なくありません。このような案件を利用すれば、1時間で1万円を稼ぐ(時給1万円)ことも可能です。


 ポイントサイト選びも大切


ポイントサイトが会員にどれだけ利益を還元するかで、ポイントサイトの稼ぎやすさは違ってきます。中には「ポイントサイトにたくさん貢献したのに、全然稼げない」というケースも存在します。

このようなポイントサイトは、評判の悪い稼げないサイトです。

ポイントサイトで稼ぐには、利益をきちんと還元してくれるサイトを利用しましょう。以下に稼ぎやすいサイトを幾つか紹介しておきます。

サイト内のサービス(広告)を利用すれば、誰でも必ず稼げるサイトばかりです。ぜひお小遣い稼ぎの参考にしていただければと思います。

参考:おすすめポイントサイト比較